スポンサーサイト

  • 2009.12.30 Wednesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


ライブバトン

2009年ライブバトン


■Q1:今年は何本ライブに行きましたか?(フェス含む)

NAOTO@Zepp Osaka

The Birthday 38 NIGHT ON FOOL TOUR@姫路マッシュルーム

東京スカパラダイスオーケストラ@大阪BIG CAT

PE'Z@神戸ウィンターランド

東京スカパラダイスオーケストラ@Zepp Osaka

東京スカパラダイスオーケストラ@姫路城

ザ・クロマニヨンズ オン ステージ@尼崎アルカイックホール

3×3@神戸ウィンターランド

NAOTO@心斎橋クラブクアトロ(チケ取ったのに忘れててすっぽかした)

スタークラブ12周年記念興業 松原祭50連発以上!! 四星球 ナショヲナル 花団@神戸スタークラブ

pe'zmoku@心斎橋クラブクアトロ

東京スカパラダイスオーケストラ@なんばHatch(レポなし)

東京スカパラダイスオーケストラ@なんばHatch

The Birthday@岡山 クレイジーママキングダム

ザ・クロマニヨンズ@神戸ウィンターランド

東京スカパラダイスオーケストラ@大阪厚生年金会館

確かこれであってます。

■Q2:今年のベストアクトトップ3は?

Birthday@ママキン
スカパラ@hatch2日目
四星球@スタクラ

■Q3:今年のベストフェスは?

フェス行ってません…。

■Q4:今年の変態アクトベスト3は?

四星球@神戸
クロマニヨンズ@神戸
Birthday@岡山

■Q5:今年の行けなくて悔しい思いをしたライブは?

四星球@高松
PE'Z@ビルボード
せっちゃん@大阪・神戸
Birthday@なんばHatch
ナショヲナル@ファンダンゴ
四星球@姫路

まだまだいっぱいあります。

■Q6:今年の笑えたライブは?

四星球。びっくりするほど笑わされた。
スカパラ@厚生年金会館のスカミー。
クロマニヨンズ@神戸のヒロトの全て。

■Q7:今年の泣いたライブは?

▲@大阪。休止の寂しさとモクが見れた嬉しさで本当に泣きました。
スカパラ@全部、そばに居て黙るときで撃沈。
NAOTO@大阪。音色が綺麗すぎて涙腺が勝手にパカッと。

■Q8:今年の暴れた(怪我した)ライブは?

スカパラ@hatch2日目。サークルの肘鉄とモッシュの激しさにより痣出来ました。靴脱げました。
Birthday@岡山。前の人の肩に顎強打。ピアス紛失。
クロマニヨンズ@神戸。空気を読まず下手なモッシュを繰り返す女性にぶち当たられる。

■Q9:今年は何回ダイブしましたか?

Birthday@岡山で一回。
ダイブが起こるようなバンドのライブは何回も行きませんからね…金銭的な問題で。

しかし去年このバトンやった時、ダイブ反対派だったのにな…。

■Q10:今年はアーティストの何かをゲットできましたか?(ピック、サイン、ペットボトル、タオル etc)

今年も何もダメでした。
でも北原さんに遭遇出来たのが何よりの宝物。

■Q11:今年の悔いの残るライブは?

クロマニヨンズ@岡山。
ダイブしようとしたら曲終わっちゃった…。
周りに居た女性の方と上げてくれようとした発射台の方に謝られてしまいました。
明らかに私が頼むタイミングを間違っただけなのに…。

あと、何だか盛り上がりが予想を裏切る大人しさで少し寂しかった。

■Q12:今年の、ライブ見て嫌いになった、もしくは大して好きではなかったけど大好きになったアーティストは?

ダントツで花団、四星球、ナショヲナルを好きになりました。
素晴らしい面子だった。誘って下さったショウさんに本当に感謝です。
たっちんさんに手売りしていただいて、ステッカーも手渡ししていただいたし、ナショヲナルは織田さんだったか多奈辺さんだったか、手売りしていただいたし。
帰り際に俵田さんに会釈したらニコッと笑ってもらえたし…。
店長のキャラも気に入ったし、松原祭本当に楽しかった!


■Q13:今年はあと何本ライブが残っていますか?

20日にライブ納めしました。

■Q14:2010年、一発目のライブは何ですか?

四星球@神戸です!

■Q15:今年のライブ生活をまとめて一言、そして2010年ライブ生活への抱負をお願いします

アーティストの方々、今年も生きる糧を下さりありがとうございます。
来年もお金がある限り通います!

■Q16:最後の質問です。次にバトンを回す人3人!

やりたい方どうぞ!


来年からはこちらもちゃんと更新したいと思います。
今年、ライブで関わってくれた方、このブログを見てくれた方、ありがとうございました!

東京スカパラダイスオーケストラ and PARADISE goes on... TOUR@大阪厚生年金会館【超長文】

遅くなりましたが今年最後のライブ行ってきましたよ!
いやもうまーじで最高っすよーー!!!
ありがとうスカパラ!!

以下、セトリ。
結構今回はセトリに自信あり。でも完璧とは言えないので補足よろしくです。

灼熱ジャズ
タングス
アスリート
リオ
疾風の剣
Just a〜Punch'n sway〜ウーハン〜Nutty〜ONE STEP BEYOND
新曲(STORM RIDER)
Give Me Back My Ball
ルパン三世
そばに居て黙るとき
君と僕
昨日今日明日

スカミー
ライオン
愛の讃歌

EC
ダウビ
PB

開演3分前に厚生年金会館に到着。
急いでばどさんにチケット渡して席につくと座る間もなくSEが!
モニターには富士ロゴとメンバーの名前が。
この高揚感。何回経験してもたまらん。

間もなくあるメンバーが登場。
そう、茂木欣一である。
茂木インチキキタ━━━ミ∴`_ゝ´彡`皿´)=・з・]´・ω・)━━━!!!!!

相変わらず吐息たっぷりに「大阪シティ……大阪シティ…大阪…」とドラムを叩きながら歌う欣。
欣「俺の名前は…茂木欣一…ドラム叩くのが大好き…。
俺の足から出る…キック!(思いっきりバスドラを踏む)
俺の手(腕だったかも)から出る…スネア!!(スネア叩く)

そろそろ……メンバー呼ぼうか!!!」

ダラダラダラダラ…………

メンバー登場!!!まさにスカパラ登場!
私、早速発狂。

GAMOさんの「声を聞かせてくれよ!!!」に煽られC&R後、灼熱ジャズ!
これは本当楽しい!北ちゃんが振り回す振り回す。
加藤さんが跳ぶ跳ぶ。

タングスは加藤さんがもう張り切って張り切って大変でした。
後半の、スカパラ二大暴れ馬(知らないけど)の背中合わせなんか完璧に二人反り返ってましたから。
木管組は傍観しながら吹いてました。

アスリート。お歌が大好きな谷中くんの時間です!早速バリトンから口を離しマイクに食らいつく。
いつも悩むのですが、あの低くて素晴らしく素敵な声はつよっさんなのか、沖さんなのかどっちなんだろう…。

谷「こんばんは!東京スカパラダイスオーケストラです!
いやー、最高だね!もっと暴れてくれよ!もっと踊ってくれよ!闘うように楽しんでくれよ!」

、と暑苦しく言ったあとにリオ。
谷中の言い方だったらギャーギャー言う曲の流れだろう(´・ω・)ってなりました…。
しかしリオは気持ちいいな。ゆったり踊れる。海とか開放感があるところで聴きたい感じ。

疾風の剣は久しぶりだ!バリトン凄くかっこよかった…。
これしか記憶がない。

で、スカメドレー!
何回聴いてもJust a〜はいい。イントロのめちゃくちゃな沖さんのオルガンがたまらない。
この曲でメンバー紹介してる時代に、リアルタイムで踊りたかったな。

Punch'n swayは久しぶりに聞けて嬉しかった。
GAMOさんが踊りながら「ぱーんち」の時にパンチするポーズをとって、「すうぇい」の時にパンチを避けるポーズをするのですがふと横を見たら北ちゃんも真似してる。
しかもGAMOさんよりも上手い…!!!

そしてステージの中心に銅鑼が運ばれてきて大森さんが出てきて、勢い良くバーン!
王将のCMを見てるみたいで楽しいなこりゃ。
するとウッドブロック?だったかな、そんな楽器を叩き始める大森さん。ウーハンです。ウーハン大好きだから嬉しい。
ナルゴと北ちゃんが音変えてましたね。ナルゴはミュートかけて、北ちゃんは…音と言うかもしかしたら楽器自体変えたかもしれません。ベルがめちゃくちゃ上向いてました。

ナッティーは加藤さんの声がよく聞こえました。
私には「オーダッダッデューラッナッティーナッティーパーレー」にしか聞こえないのですが。
さすが、「おぅほわいちょらいっ!」。

で!で!!
まさかのワンステップビヨーンド!!!
つよっさんのコールで嬉しすぎて踊り狂っちゃいました。
だって聞けると思ってなかった…。
マッドネス聴きたくなりました。聞くところインストスカパンクバンドっぽいのでかっこよさそうだし買ってこよう。

新曲。
最初のバリトンのメロディが何かの曲(スカパラの)と酷似しているけれど始まったらもう…凄い。
加藤節炸裂。凄くロッケンロー。
あれで沖さん作曲とか言われたら私泡吹きそうだ。
途中、バリトンとギターの絡みがあるんですが谷中と加藤さんが正面で睨み合って楽器で喧嘩。
それを止めるために、正義のヒーロー川上つよしが参上。二人の間に割って入りました。
しかしその風景を見て何かを思い出す私。

そうだ!いつかのルパン三つ巴とそっくりなんだ!と気付くも今はメンバーが違う…と少し寂しくなりましたとさ。

GAMO「イエーイ!次の曲はスカダンスで踊り狂ってくれぃ!!!」

Give Me Back My Ball。
とりあえずちょっと低空っぽく(もちろん自分の席で)、それらしく踊ってみましたが怪しいですね…。
ジャイヴPVのナルゴみたいに一度はなめらかに踊ってみたい。

今回のツアーでのルパンからの流れは、ヒヤムッターとしては「あぁー来てしまった…」と思うのですがさすがに3回目は慣れてきて騒ぎ暴れることが出来ました。加藤さん大活躍。

しかしそばに居て黙るときは……まだダメですねぇ。
やっぱりあれは泣きますわ。冷牟田さんと同時にアベのことも考えてしまって涙腺が緩む緩む。

今までの流れならさよならワルツだな、と歯を食いしばっていたら。
ホーンズがはけ、沖さんがアコーディオンを抱えて、大森さんがカホンを持って前に出てきました。
カホンでリズムをとる大森さん。それに合わせて音を乗せていくつよっさん。その上に沖さんのアコーディオンが乗っかって……口笛が乗っかった。
君と僕です。うおー!2年ぶりに聞いたぞ!優しい曲だ。いい曲だ。
しかし君と僕に手拍子は必要ないと思うんだ。

沖「ありがとうございます。さっきやった曲は最初のアルバムに入ってる君と僕と言う曲なんですけど、タイトルはベースの川上くんが付けてくれまして。君と僕っていろんな風に解釈出来ますよね。演奏してる時にいろんな君と僕を想像してしまいました。この会場の中だけでも、君と僕君と僕君と僕君と僕……いっぱい居ますもんね。」

欣「さっき沖さんが言ってくれたように、いろんな君と僕ってあるよね…。
(ここら辺忘れましたorz)
昨日が今日に繋がって、今日が明日に繋がってゆく…そんな一番新しいシングル、KinouKyouAshita、歌わせて下さい!」

欣がCD通りの声で歌ってて、調子良いんだなーと思いました。
ホーンのライブアレンジが凄くかっこよかった!

昨日今日明日が終わり、シャンシャンとシンバルが鳴り響く。
お、来たな、と思ったら欣のカウントでおぅほわいちょらい!こと、ホワイトライト。
もう正直お腹いっぱい感が否めないのに、やっぱり体が動きますね。
加「おぅほわいちょらいっ!」

ホワイトライト終了後、ナルゴがピアニカを持って登場。うろうろしながら吹いていると、後ろから北原先輩がにょきっと出てきました。
その手にはピアニカのような形をした、笛の音がする楽器が。
楽器に詳しい姉に聞いてみると、アンデスと言う楽器らしいです。
その楽器で北原先輩は「コンドルは飛んでいく」を演奏。
デカメロンのコントを思い出し吹き出す私。

ナルゴが必死に吹くも、先輩には勝てない。
結局ナルゴはピアニカを投げ出し、「もうお前にくれてやるよ!」的なリアクションをして、北原先輩はまさかのアンデスでピアニカイントロを吹く事態になりました。
あれは笑った。笑いすぎた。

ライオンも若干お腹いっぱい感が否めないのですが、イントロで踊らずには居られませんね。
モンキーモンキー!

愛の讃歌。hatchの時はまだ原曲も何も知らないまま踊ってましたが、よくCDを聴きこんでから聴くとまた楽しいですね。
イントロの加藤さんのギターは神がかってると思うんだ。
つよっさんの「愛の讃歌!」コールがまたたまらない。

これで本編は一旦終了。
しばらくするとメンバーが出てきました。

とりあえずダウビ。
これはお腹いっぱいすぎる。そしていい加減WPポーズから抜け出そうよ…。
私はもうWPツアー終わったし、何かポーズが好きじゃないからやらない派。

ダウビ終了後、谷中がマイクをとる。

谷「ありがとね。本当ありがとう。感動をありがとう。ありがとうありがとうありがとう!!!」
谷中男泣き。まーじで声震えてましたよ。
暑苦しい奴め。そこがいいんだが。

谷「えー、来年、奥田民生さんとコラボすることになりました。流星とバラードって言うんですけど。
民生さんとフェスティバルで会った時、『いろんな人(コラボ)とやってきたし、そろそろ俺でいいだろ?スーツ作ってくれるんだよね?』って言われて。もちろんOKして、スーツも作ったんですけど。
良かったら聴いて下さい。

あと谷中、告知ばっかりで申し訳ないんですけど、来年の3月に両国国技館で20周年の終わりのライブをやります。
あ、我々は年度が変わるまで20周年って思ってますんで。
で、4月には東京体育館で21周年の始まりのライブをやります。
みんな来てね。遠いけど…楽しくするから来てね。
じゃあメンバー紹介行きます!」


加藤さん
加「えー、大阪。今年はいっぱい来ました。春にBIG CAT、10月になんばHatch2days!そして厚生年金2days!
来年も帰ってきたいと思います!今日はありがとう!」

欣ちゃん
欣「サンキューサンキューサンキュー!
さっき谷中さんが言った通り、3月と4月にライブをやるんだけど…。(ここからもにょもにょ何か言ってましたが忘れました)
本当楽しかったよ。幸せでした!ありがとう!」

つよ氏
「えー、ありがとうございます。さっき谷中が言った通り、3月と4月にライブやります。あと、シングルも出します。これからもスカパラどんどんやっていくんでよろしく!今日はありがとう!」

沖さん
「ありがとうございます。僕は大阪生まれなんですけど、大阪だからですかね、普段は声かけられないんですが今日は声をかけてもらいました。心斎橋の三木楽器に行ったら声をかけていただき、アメリカ村の郵便局に行こうとしたらまた声をかけていただき、その後郵便物をポストにスッ、と。
えー、たこ焼き食べてこれからも頑張ります!ありがとうございました!」

はじめ氏
「販促しちゃうぞ☆
えー、新商品が出ました!………俺、何言ってんだろ。新商品が出ましたって。
まぁ、新商品が出たんです。リユースカイロ。(猿鞄からカイロを取り出す)
プチっと押したらポカポカになって、で、冷たくなったらまたお湯に付けたらプチっと押すとポカポカになって、冷たくなったら…ってもういいか。
首とか腰にね!タオルの下に、腰にはTシャツを巻いてその下に!ね!
………えー、ありがとうございます!」

ナルゴ
出てきた途端に吉本新喜劇のOPを吹く。
吹き終わった後、「ちょっと間違えたあぁぁぁ!!!」と子供みたいに悶々としてました。

「久しぶりに、さっき楽屋で思い立って吹いたんですが、指が覚えてるものですね。
えー、昔我々、実は20年前、デビューしたての時に吉本新喜劇に出演したことがありまして。オープニングで生演奏したり舞台に立ったり。知ってる人、見たことある人居る?
懐かしいですね。こうやって気が付けば20年経ったんですけど…。まだまだ飛ばしていくんでよろしくお願いします」

北ちゃん
「いやいやいやいやいやいやいやいや!!えー、早いですね一年は!あと十日で今年も終わりですねーー!よいお年をーー!!!」

GAMOさん
「ありがとう!最高だったよ!
えーっと…何言いたいか忘れちゃったよ!楽屋に戻ったら冷えてきてさ。スカ体操でもしようか!
……ははは、最高だったよ!本当ありがとう!

バリトンサックス、アルトサックス、MC、男前!ぃ谷中敦ぃ!」

谷「ありがとう。本当楽しかった!最高だよ!
最後の曲です!」

PB。心地良く踊れました。

Wアンコールを求める拍手が止まないほどいいライブでした。
本当にライブ納めにふさわしいライブでした!
今年一年もスカパラとスカ友さんにお世話になりました。
来年もよろしくお願いします!

生きてて良かった!

冷牟田さんが動き出しましたよー!!
DJイベントですよー!
行けないけどすっごい嬉しい。生きてて良かった!


今日のBGM 夢の島バラード/ザ・クロマニヨンズ

世界遺産劇場 東京スカパラダイスオーケストラ【ライブレポ※びっくりするほど長文】

行ってきました、姫路城。
雨に濡れても姫路城。
以下、セトリでございます。


パラダイスブルーイントロ
灼熱ジャズ
タングス
アスリート
ヘブンズドア
CALL FROM RIO
Warrior Chant
NATTY PARADE
コブラ
そばに居て黙るとき
銀河と迷路
すでにステディ
ルパン
The look of love
さよならワルツ
ライオン
White Light
パラダイスブルー

EC
ユルネバ
ダウビー
雨に濡れても


座席は横に並んだ110人中5番目と言う。
スピーカー前なんかじゃなく舞台の真横にある城の目の前と言う、ぶっちゃけ凄く遠くてメンバーが視界でマリオ化するほど(まさにヘブンズドア。谷中のみキノコを取ってでかくなったマリオみたいな)だったのですが、逆に落ち着いて"音"を楽しめました。

私の周りだけかもしれませんが、盛り上がりはいつもより少し欠けていた気が。
今考えるとあの中でコブラで頭振ったりGAMOさんもびっくりなモンキーしたりしてた自分が恥ずかしい。
私も最初はレインコートを着ていたものの、だんだん暑くなってきて「ええい邪魔だ、こんなもん脱いじまえ。これが生粋のロッカーってもんよ!」とスカバンドの前で大したことないロック魂を燃やし猿T一枚になる自分も恥ずかしい。


灼熱ジャズでのGAMOさんの「姫路ぃぃーー!」についつい燃え上がる。
見えなくても声と音が聞けりゃそれでいい。ライブの雰囲気が好きなんだ私は。
コール&レスポンスって言うのかな。あれが凄く好きだ。

タングスはパーペキツアー以来だ。
タングスのPVはかっこいいよなぁ…。


谷中MC
「えー、姫路。雨降ってるけど、少し濡れるのも沢山濡れるのも一緒じゃん。戦うように楽しんでくれよーー!」

何という無責任男。
そりゃお前は屋根の下に居るからいいけどな!と言いたくなりましたよ。


失礼ですがアスリートはライブでこそ映える曲ですね。
川上さんと思われる低音が心地良い。

ヘブンズドア、GAMOさんと沖さんがいい!
これを聴く度にマリオマリオー!('∀')とゲーム好きの血が騒ぐのです。


リオでは一瞬だけ沖さんが間違えたような…。間違ってなかったら凄く申し訳ないけどホーンズの間違いや外しはよく聞くけど(いいのか?)、沖さんが間違えるのは初めて聞いたのでちょっとキュンと来た。

余談ですが前列の男の人がどんな曲でもチキチキ言ってて笑った。もちろんリオでもチキ。どうせならヒヤムタ語でアジってくれよ…。

戦国も久しぶりで嬉しかった。
まぁ城でやらんでどこでやるって話なのだがね。
大森さんのアジが冷牟田さんに似すぎてびっくりした。
だってあのヒヤムタ語アジが綺麗に再現されてたんだもの。
「適当ルージィ!」には吹き出した…。
あれ、ほんとに流してるんじゃないのか?

あと、ナッティも久しぶりで嬉しかったなぁ。
定番曲とは言え最近やってなかったからイントロで既に上がる上がる。
サビはワイパーで「オー、ダッダッドューラッ♪ナッティーナッティーパーレーイ♪」とヒヤムタ語に近い欣一、間違えたインチキ英語にもならない言語でとりあえず歌ってみる。
ナッティだったかな、NARGOが凄い勢いでタオルを振り回してた。何がそんなに嬉しいんだ。課長から部長に昇格でもしたのか?

コブラはなぁ…かっこいいんだけどやっぱりツインギターが好きです。
加藤さん絶好調。

そばに居て黙るとき、泣きました。
ライブで聞くの3回目なのに、これは涙じゃないのよ雨なのよ!と言いたいんですがもう我慢出来なかった。
"遠く離れてる時も そばに居て黙るときでも 穏やかな幸せ祈り また風に吹かれてく 明日は星に任せて"
ここが凄く好きでたまらなくて、谷中の歌詞も悪くないよなとか思ったり。
ついつい手が祈りのポーズになってました。

ここで欣MC。
「サンキューサンキューサンキューー!この、世界遺産にも登録されている姫路城でこうやって演奏出来るのが嬉しいよ。本当に本当に幸せです!
さっき、そばに居て黙るときと言う曲をやったんだけど、この姫路城も、400年間ずーっと姫路の街を黙って見守ってきたんだね…。
こんなところで大きい音出せる機会なんてめったにないので、楽しんで下さい。

僕はね、自分でラジオをやってるんだけど姫路のリスナーの方からハガキが来て、『空襲にも負けず、姫路城は綺麗に残っているのが嬉しい』って言うメッセージで、それを聞いて僕も『おっ!』となってもっと姫路城で演奏がしたくなって、今日を迎えられて本当に嬉しいです。
今、みんなが着てるレインコートを見て歴史上の偉い人達も『おぉ、これが現代の鎧か』なんて言ってるかもしれないね。
……僕、世界遺産の前で失礼なこと言ってるかな。

こう、姫路城でぼやぼやしていた魂を揺さぶって、熱くさせてやろうぜ!
それでは、少し昔の曲ですが一曲歌わせて下さい。銀河とっ、迷路っ」

これにはびっくりした。びっくりドンキーっすよ。
だってライブ前のカラオケでいたるさんが歌ってらっしゃって、みんなでキャーキャー言ってたんだもの。
でもCD版と同じキーがいいのが正直な意見。

すでにステディは、Zeppの演出と同じ感じでホーンズが順に動いていく。
綺麗だったな。

ルパンはもう、ね。
加藤さんがカウントとって、終始リードしまくり。冷牟田さんの代わりを立派に努めております。
今回は沖さんの抱え奏法はなし。でも良かったなー。
ルパーン、ザ、サード!

The look of loveには、凄く感動した。
ライブでは初めて聞けて、最初のベース音に鳥肌が立った。NARGOのミュートのかかったラッパがもう…。
個人的には何故かlook of love=青木さんってイメージなんですよ。
それで、思わず空を見上げてしまった。
雨は降ってたけど、紫色の空は綺麗だった。

これはほとんど舞台見てなかったな。
NARGOのラッパと北ちゃんのボーンと川上さんのベースを聞きながらずっと考えてた。
私はまだまだ新参者だし、青木さんの居た時代は何も知らないけれど。
あの人が天国やら地獄やらに居るのか、そもそもそんなものがあるのかなんて知らないし分からないけれど。
もしかしたら、野外だしギムラさんと二人で雲の切れ間からこっそり見てたんじゃないかとか思ったりして。ちょっと意地悪して雨降らしてみたんじゃないかと思ったりして。

青「……NARGO、もしかしてサラリーマン兼トランペッターなのかな」
ギ「谷中は俺の言いつけを破ってるな、典型的なダメ男になりやがって」

みたいな会話があったんじゃ。
天国と地獄は生きてる者が作るものだから、この妄想くらいは許してほしい。
素晴らしかったな、この曲は。
最後の一音まで、心に響いたよ。

ワルツのイントロもヤバいよ最高だよ。
加藤さんのギターとNARGOのラッパ。
冷牟田さんのパンク魂を受け継いだこの曲は、個人的にじっくり聞きたかった。今ツアーはライブハウスばっかりでもみくちゃになってちゃんと聞けなかったから、指定席で良かった。
これも何か知らんけど泣きそうになった。今にもあの人の何言ってんのか全く分かんないけど熱いアジが入りそうな気がして。
頭ん中で'JAZZIE'SPEAKSみたいな囁きアジが流れて仕方なかった。
やっぱり好きでたまらないな。

ライオンは若干ですが加藤さんの声が聞こえました。パーペキツアーから7回目にしてやっと谷中加藤ライオンになった。
いつもは谷中ライオンだったからな…。

White Lightは例のさいたまみたいに加藤さんが叫んでました。どうせなら指揮者加藤隆志も見たかったな。

最後はパラダイスブルー。
今にもギムラさんが出てきそうな錯覚を起こす。
好きだ、大好きだ。

ここで本編は終わり。

ECでユルネバ。例の如くつよしの「You're Never Home Arone!」コールあり。
ここでもよく英語が分からないので、とりあえず「モルスォーモルスォーウィーホームーリアゲーン」と謎の言語でやってみた。いい加減歌詞覚えろよ、私。

ユルネバ終わりで谷中MCがちょこっと。

「ほんとにありがとね。
今、姫路城が修復工事をやってて募金を募ってるんだけど、会場の外に募金箱があるから是非協力してあげて下さい。俺も、後で入れてきます」

メンバー紹介はなし。
北ちゃんは大友康平から戻ったかなー、とか気になってたのにな。
いきなり谷中が「We are 東京スカパラダイス、オーケストラー!」とか言い出すから例の「トロンボーン北原雅彦ーー!×2」と同じ感じかと思ったよ。

で、ダウビー。
ダウビーは飽きた飽きたと言いつつ、踊り狂ってしまうのが悔しいな。
谷中がジャケットを脱いできて、黒シャツ+恐らくボタンが3つほど開いた状態で舞台の端から端まで全力疾走する。
お前は子供か?
それに煽られる私も私だけど。

ダウビーで終わるかなと思いきや、雨に濡れても!
凄く嬉しかった。雨で良かったと少しだけ思った。
でも晴れだったら何するつもりだったんだろうか、と少し思った。
北原さんのセクシーボディを見つつ、GAMOさんのアジを聞きながら踊りました。
幸せだったなぁ。


これでスカパラさんはしばらくおあずけです。ジャンボリーも行かないし。他のフェスは出演者によっては考える。

例の如く長文&大したことのないレポで申し訳ありません。
ここまで読んで下さってありがとうございました。

公演後は紋白さんを無理矢理呼び出し少しお話させていただきました。
何やら川上さんと遭遇されたそうで!う、羨ましい…。お手紙とプレゼントも手渡しされたとのこと。
全く、紋白さんの幸せ者!

今日のBGM YOU DON'T'KNOW(WHAT SKA IS)/東京スカパラダイスオーケストラ

東京スカパラダイスオーケストラ PARADISE BLUE TOUR@Zepp Osaka

スカパラ@Zepp Osakaレポです。





セトリ順不同↓




さよならワルツ
パラダイスブルーと見せかけてルパン三世のテーマ
アスリート
ヘブンズドア
疾風の剣
真夜中の奇跡
スカメドレー3曲
楽園の泉にて
灼熱ジャズ
ルーティーンメロディーズ
そばに居て黙るとき
すでにステディ
コブラ
太陽にお願い
カルナバル
ライオン
ホワイトライト
パラダイスブルー

ユルネバ
スカミー


入場すると客の集まる位置が思いっきり偏っていた。
言わなくても分かると思いますが、9:1の割合でNARGO側、谷中側。
入口から一番近かったのでそのうちの1割に入る。

谷中氏ど真ん前って久しぶりだなー、何か嫌だなーと思って、やっぱり北ちゃん側にしようかなと思った時には遅かった。
後ろに人がいっぱい。

自分は既に2〜3列目くらいの位置に居たので、この状態で動くのは勿体ない!と言うメンバーに申し訳ない思いで気がつきゃ開演。
SEが流れた時点で早速後ろから押し潰される感覚。いいよいいよ、これこそライブハウスだぜーー!と思えたのはこの時だけだった。

メンバー全員が定位置につくと、さよならワルツの中盤から始まった。
周りが沸く沸く。
パラダイスブルーの前奏のあと、突然やってきた早すぎるルパンにビビりつつセンターマイクを取る加藤さんに煽られる。
アスリートは何故か冷牟田さんを思い出して切なくなった。


この3曲は人の密度が凄くてピアスが千切れそうになった。耳たぶごと持っていかれかけたんで、惨事を覚悟しましたよ。
今度からライブハウスではピアス外します。

スカメドレーはSHOT IN THE DARK・SKA JARK(欣vo)・ワンステップビヨンドorJamaica Song・LUCKY SEVENでした。
中1曲が分かんなくて、調べても二通りの意見があったので断言出来ないのですが聞き覚えがあったのでJamaica Songかもしれません。
GAMOさんが曲の最初に何か言ってたけど聞き取れなかった。カバーには珍しく凄い盛り上がり様だったからな…。
結局何か分かんなくて、ライブ終わるまでSummar Timeだと思ってたと言う。


逆に、SHOT IN THE DARKはもっと盛り上がっても良かったと思う。
自分は初めて聞いたので「ヤバいヤバいヤバいよ!激ヤバだよ!(by谷中)」とか思ってたんですが皆落ち着いててちょっとショックでした。


真夜中の奇跡の前だったか、谷中MC。↓

谷「熱いねー。もっと盛り上がってくれよ!ライブってのは、エネルギーの交換だからね!」

彼の言いたいことは分かるんだけど、男の人に囲まれた状態の私からしては、分かったからそれ以上言うな!って感じ。
単に私が後ろに下がりゃいい話なんだけど、男の人達みんな必要以上に動き回るからね…。一人辺り3人分くらいのスペース使って踊ってると言うか、文字通り暴れてるから正直困りました。


谷「ヤバいね。ヤバいヤバいヤバい。EXILEのHIROがよく言うけど激ヤバだね。
えー、スカパラ20周年と言うことでね!
本家ジャマイカでは4年しか流行らなかったスカを我々は20年続けてきてます。
最近母親に『よく飽きないわねぇ』って言われました。
飽きないよね。こんないい音楽ないよ。踊れるし、何か平和だし。
ロックフェスにも出れるし、もちろんレゲエフェスにも出れるし、編成がジャズっぽいからジャズフェスにも出れる。モントルージャズフェスにも出たしね。便利ですよ。
今年も、フェスティバル沢山出ます。
今度、自分達主催のトーキョースカジャンボリーってフェスをやります。山中湖畔って言うところなんだけど…出演バンド募集中です。知り合いにスカバンドやってる人が居る、または自分がやってるって人居る?

(会場沈黙)

……しーん、だね。今から組んでもいいよ。
(一人手を挙げる)
あ、居る?頑張ろうね。
じ、自薦他薦問わず、……応募してみて下さい。一緒にやれるかもしれません」

「自薦他薦」を噛む谷中淳。みんなに笑われて情けない顔してた。(実際自分も口に出してみたら噛んだ。)


ジャンボリー、アマチュアばかりだとちょっと厳しいんじゃ…。
予想してたスペシャルズの出演はありえなくなったから、残るはスカタライツですかね。
行く予定もないけど地味に心配になる。


楽園の泉にてはスティールパンはなしで、最後のみホーン隊が出てきました。


灼熱ジャズでぶっ飛んだ後のルーティーンメロディーズ前の欣MCは、いつも通りスポットライト+吐息たっぷりでお送りしております。↓

欣「来たぜ大阪!
昨日から気持ちはもう大阪に入ってたね。
大阪の美味しいものを体の中にいっぱい入れてこうやってライブやってるんだけど…。
ライブはね…こう、お客さんと空気を循環させて、体の中に入れて。
いいねー……朝までずっとこのままで居たいね…オールナイトロング!!
気持ち良くなりたいよね。」

その他も茂木さん何かいろいろ言ってましたが割愛。MC後にルーティーンメロディーズ。
欣MCに限ったことではありませんが、だいぶ端折ったり脚色したりしてます。補足訂正お願いします。


太陽にお願いだったかホワイトライトだったか、間奏で北ちゃんがリンゴ追分を吹いててテンション上がりました。
ライオンは谷中加藤ライオンでしたが、結果的に谷中ライオンでした。いつものことです。



以下メンバー紹介MC。かなり要約してます。
加藤さんのMCは例の如くド忘れ、欣はMCなしだったと思います。



・沖さん
「ありがとうございます。えー、谷中くんとは15歳の時からだから…もう四半世紀一緒に居るんですけど、今日が一番楽しかったかもしれない。ほんとに訳分かんないくらい楽しくて。自分が出した音にうわっ!ってなったりして。これからも応援よろしくお願いします!」


・NARGO
「ありがとうございます。課長メガネも板についてきまして…。
今日はパンクな気持ちで吹きました。みんなの中にもパンクな気持ちな人、居るんじゃないですか。
ジャンボリーと言う言葉が好きなNARGOです。NARGOです。ありがとうございました」

開き直って課長メガネって言っちゃったよ。今回もまともNARGOだった。
今ツアー名物の壊れたNARGO見たかったな…。


・川上さん
「僕がタオルを作っちゃいました!(ユルネバタオルを掲げる)
掲げるもよし、振り回すもよし、使って下さい。
で、このTシャツも自分なんですけど…(着てる川上Tを見せる)

谷中が言いましたが、トーキョースカジャンボリー、やりますんで遊びに来て下さい。出演バンドも募集中です」

川上Tかっこよかった。ちょっと欲しいかも。
掲げるもよし〜は大森さんが言ってたかもしれない。曖昧です。

・大森さん
いつも通り、販促MC。

「川上つよしとお酒を造りました。
……なになに?飲んだ、美味しかった、素晴らしい?ありがとうございます。」

谷「俺はまだ飲んだことないんだけど。日本酒だっけ?美味しそうだね」


・北原さん
「いやー、ライブをやりすぎてこんな声になってしまいました。マジですよ。
いつもの甲高い声じゃないので、自分の声じゃないみたいで。まぁ憧れてたんでいいですけどね。変な感じですね。
さっきもメンバーにハウンドドッグの大友康平みたいだって言われました」

北原さんの男らしい声にメンバー笑う笑う。
事前に噂は聞いてはいたんですが、予想以上に低くてびっくりしました。これはこれでかっこよかった…。
姫路までには治ってるといいなぁ。

・GAMOさん
「みんなのMCが面白くてね…(しばらく笑う)いやー、俺もね、見た目だけは関西人じゃないかって言われるんだけど…」

今回は谷中の跪きマイク手渡しはなしで、GAMOさん自らマイクを持って登場。
ちょっと寂しかった。

・谷中敦
「ほんとにありがとーー!(ありがとーの「とー」が何回言っても裏返る)最高だったよ。
大阪の街にスカの空気を充満させて帰ってね。
ありがとうって言ったらありがとうなんだよ!また遊びに来てくれよーー!」

他にも何か言ってたけど忘れた。


MCが終わるとユルネバ。
川上氏のテンションの上がりっぷりったらない。
元気よく「You'll Never Walk Alone!」コールのあと、足踏みして弾いてた。
アンコールになってスイッチ入るって何なのこの人。


スカミーではナルゴのピアニカにイルミネーションが。綺麗でしたよ。
沖さんは相変わらず美声でした。ホーン隊と加藤さんは駆け足してました。


最後に加藤さんがテンション上がりきってでべそからダイブ。
女の人ばっかりだったんで、支え切れてなかったです。下の人達大丈夫だったかな。
これがBirthdayとかクロマニヨンズだったら観客の8割が男の人だから支えられたと思うけど、女だらけの中に突っ込むなんて無謀だよ加藤さん。

そこで空気を読まず「かとう!かとう!」と観客を煽り加藤コールをする谷中敦。
何で加藤コールなんですかここで。
その後加藤さんはそそくさと舞台に上がって、ピックを2階席まで飛ばして帰っていきました。

ライブ後はグッズとCATCH THE RAINBOWを買い、ポスターを貰い(サインはO森さんでした)
会場にいらっしゃってたbondoさんをライブ後特有の妙なテンションで「ちょっとこっち来いよ」と脅し誘うと、ライブ前に開場待ちしたお店に連れ込んでしばらく語らせてもらいました。あの時の私は通常の3倍、例えるなら谷中並にウザかったと思います。ごめんなさい。

そんな私にbondoさんは福岡土産を買ってきて下さりまして。
福岡ですよ。我らムッターには聖地な訳で、大牟田市には一度は行きたいと言う話でニヤニヤしつつお別れしました。


ライブ前後の流れとしてはこんな感じです。
例の如く長々としたレポを読んでいただきありがとうございました。
多分いろいろ間違ってますのでどうか鵜呑みになさらぬように。

次のスカパラさんは姫路です。今度は指定席があるので安心なような残念なような。
とにかく楽しみです!


今日のBGM ダニー・ゴー/THEE MICHELLE GUN ELEPHANT

呼び声が聞こえたら 泣き顔を上げてくれ

黙祷。


今日のBGM Dear My Sister/東京スカパラダイスオーケストラ

春も嵐も

どうも、近所の桜がつい数日前までは満開だったのに、昨日見たらもう葉桜になりかけていて寂しくなった新野です。
まだまだ春はこれからだと思うんですが桜が散っちゃうと春らしさが反撃しますね。私だけか?

ここ最近の私はと言いますと、バタバタしつつもスカパラ@Zepp Osakaを二週間後に控えてワクワクしている日々です。

ちょこちょこセットリスト変わったりしてるみたいなんで楽しみだなー。
初期の映像とか見てモチベーションを高めている最中なので、是非是非懐かしめの曲をお願いしたい。WHAT SKA ISとか聞けたら嬉しいなぁ。
サイン入りポスターも欲しいです(-ω-)


今日のBGM Harbor/SOIL&"PIMP"SESSIONS

東京スカパラダイスオーケストラ PARADISE BLUE TOUR@大阪 BIG CAT(長文注意)

大阪初日、bondoさんとスカパラライブ参戦してきました。
いつもの通り自信ありませんが、以下セトリです。





パラダイスブルーの前奏
灼熱のジャズの如く
テキーラ
アスリート
疾風の剣
真夜中の奇跡
ヘブンズドア
何かの曲のカバー〜スカジャーク
ラッキーセブン
コブラ
ルーティーンメロディーズ
さよならワルツ
ルパン
そばに居て黙るとき
すでにステディ
カルナバル
White Light
ライオン
パラダイスブルー

ユルネバ
ダウビー



オーチャードからSEがスエーデンじゃないと聞いたのですが、ほんとにSE変わってました。
凄く好きなタイプ。初期のものだと聞きましたがどうなんでしょう。
スエーデンも好きなんですけども。

最初は前ツアーのパーペキと同じく、パラダイスブルーの前奏で始まりました。
GAMOさんがマイクを取ったかと思うと、いきなり灼熱ジャズ。
1曲目から飛ばして下さるので体力のない私はモッシュの渦でもうヘトヘト。

北原さんがボーンを振り回す振り回す。
前に出てきてくれると嬉しい反面ハラハラします。
私は見てないのですが、今回どの曲かで転落したとか…。
大丈夫でしょうか。心配です。


灼熱ジャズが終わると、欣ちゃんのドラムが聞こえてきてテキーラ。
やっぱり盛り上がりますね。実に大森上がり。

加藤さんはギターをかき鳴らすし金管組も大活躍だし。
GAMOさんもソロで前に出てきてくれてもう大変。まるでもうアンコールのような雰囲気。2曲目とは思えない幸福感。


アスリート、疾風の剣、真夜中の奇跡と続くと
恐らく音源には入っていない、陽気な感じの曲がいくつか。
新曲か昔の未発表曲かカバー曲か。
その後は欣voのスカジャーク。
びっくりした。


ラッキーセブンは個人的に嬉しかったですね。
短縮verでしたが北原さんが楽しそうでした。20周年らしい選曲だったんじゃないかと。
コブラはツインギターのイメージしかなかったのでちょっとびっくりしましたが…。

コブラが終わり、欣に照明が当たり「サンキューサンキューサンキュー!!!」と恒例の囁きMC開始。

「僕は夏が大好きでね、日が長くなってくるとおっ!て思って。今日もさっき大阪の夕暮れを見てたんだけど……新しい人生の始まりには必ずそばにスカパラがある…みんなと一緒に、この曲を歌いたいと思います。ルーティーンメロディーズ」

欣MCはこんな感じだったかと。あくまでも感じです。雰囲気だけ感じとってもらえればこれ幸い。

さよならワルツ、かっこよかったんですけど、かっこよすぎて感極まって泣きそうになりました。
とにかく加藤さんがかっこいい。それしか言えない。

ルパンも加藤さんが煽ってました。
立派に冷牟田さんの代わりをこなしてるなぁと感心。
ギターソロ部分は沖さんが抱きかかえ奏法で前に出てきてくれました。生で初めて抱きかかえ奏法を見たんですが、かっこいいですね…アキレス腱が心配になりますが。

ルパンが終わり沖さんMC。
「まだまだぶちかましていくから!」と熱く言ったあと、次は少ししっとりした曲をやります、とそばに居て黙るとき。
この曲はみんなしんみりしてましたね。
谷中さんは半泣き、北原さんは切なそうな表情、加藤さんはちょっと宙を見ていつもみたいに笑うでもなく、ただ歌ってた。
自分の思い込みかもしれないけど、冷牟田さんに対する何かを感じたなぁ。
加藤さんは見えない何かと対話してただけかもしれないけど。
谷中さんにうっかり貰い泣きしかけて困った。

すでにステディとカルナバルはGAMOさんフィーバーですね。
この2曲は茶色(byスカエヴァ冷牟田さんのコメントより)って記憶しかない。

White Lightは加藤さんが吼える吼える。
加藤神輿も絶好調、木管組も背中合わせで吹いてて楽しそう。
神輿の密着具合が凄かったです。男5人が集まるといい感じに暑苦しいですね。


ライオンは当たり前ですが谷中加藤ライオンで。
凄い盛り上がりようでしたね。前ツアーで大阪はふみお氏が来たから余計だろうか?びっくりした。
しかしやっぱり加藤さんの声が聞こえない。
一応加藤さんの近くに居たんですが、でかい人は声もでかい…。


最後は忘れちゃいけないパラダイスブルー。
アルバム発売してからずっと思っていることですが、新曲なのに懐かしい。
ライブだともっと初期のスカパラ感が漂ってていい感じ。

アンコールはユルネバとダウビー。
メンバーが出てくるとすぐに川上さんのユルネバコールでユルネバ開始。
もう、川上さんの楽しそうなこと!
俺の曲来たー!とでも言いたげな動き。
サッカーファンにはたまらないんでしょうね。
揺れて揺れて、幸せに浸ってしまいました。



メンバー紹介MC

・加藤さん
加藤さんのMCはどうも覚えられません。
大阪初日、熱いねーとか言ってたような。
全然覚えてません。加藤さんごめんなさい。

でも、加藤さんのが暑そうです。


・欣ちゃん
こちらも失念。
全然覚えてません。欣ちゃんごめ(以下同文)


・川上さん
「ここから見ると真ん中らへんがうずしおみたいでねー、洗濯機みたい。俺もそこに入って回りたい」

ニヤニヤしてました、川上さん。
あとは姫路城とスカパラ主催フェス、東京スカジャンボリーの話。
ジャンボリーは海外ゲストを呼ぶ予定らしいです。スペシャルズかな?


・沖さん
ひつじさんとわたしの宣伝と、超ハイテンションなMC。
超ハイテンションなMCだったのですが、私は「お、沖さんが、沖さんが喋った!」状態だったので加藤さん、欣ちゃんと同じく覚えてません。
何かやたらと横文字の羅列を言ってました。(英語苦手なので分かりません)


・大森さん
すでにガモさんTシャツを着て登場。
当たり障りのないことを言った後、おなじみ販促コーナー。
汗かいただろうから着替えて帰ってねー、と自分が着ているTシャツを強調。
「このシルエットはGAMOさんなんですよ。薄いけどね」

「いや、GAMOさん(の存在)が薄いって訳じゃなくて…。ずっと着てるから洗濯してると薄くなってきて」

前ツアーも抱き枕にGAMOくんって名前付けてたし、大森さんはGAMOさん好きなんですかね。

会場限定ポスターの紹介の際に、客席からちょうだーい!の声。
それに大森さん、「買って。」とシビアな一言。
あとはお酒の宣伝。

余談ですが、いろんなところであのTシャツがすでにガモさんTシャツ、と言われてるのですでにガモさんTシャツが正式名称だと思っていました。

・NARGO
「今日も、一生懸命吹いたよ。みんながかっこよく踊ってくれたおかげで楽しかった」

やっぱり彼が一番歓声多いですね。
NARGOー!ナルゴー!に混じり、課長ー!の声が。
その度にNARGOは「課長じゃない。ジャズメガネと呼んで下さい」と反撃。
ジャズメガネって何じゃ。

最後には
「トランペットのジャズメガネは、みんなのことを愛してます」

なんて言いやがってくれまして。
ちくしょう…ナルゴのくせにまたファン増やしやがって…。

・北原さん
「ありがとうございます!今日はね、もう素晴らしい!男が多くて、男のね、…グッと!グッと来るね!
おい、メガネ曇ってるぞ!(客席の男性を指差す)君も曇ってるぞ!(他の男性)
……ありがとーー!」

久しぶりに地声聞きました。
てか北原さん、「男」しか言ってない。
話になってなかったけど、気持ちは伝わってきました。


・GAMOさん
「ありがとう。ホールも楽しいけど、やっぱりこうやって近い(距離が)ともっと楽しいね」


・谷中さん
「今までで酸欠度No.1だね!川上も言ってたけど、ほんとに手が動かなくなる。痺れてくるんだよね」

そう言って痺れを取るように手を振り振りする谷中さん。

「本場ジャマイカでは2年で廃れたスカを、日本で20年やり続けて、こうやってやれてることがほんとに嬉しい。」

名前は忘れましたが、大御所のスカバンドの人に褒めてもらって嬉しかったとか。
きっと褒められると伸びるタイプですね、彼は。


MCが終わり、ダウビー。
ここで大きく洗濯機(by川上さん)が回り、真ん中に居た私は思いっきり谷中さん側に流され最後の最後にまさかのご対面。怖かった。
とりあえず谷中さんの隣に居るGAMOさんの動きを真似て踊ってみると楽しかったので良し。

今回はbondoさんのおかげで最前近くで見れました。あばらが折れそうになることもありましたが無事生還出来て良かった。
優しい人も沢山居ましたが、会場全体のマナーがあまり良くなくてそこだけが少し残念です。

でもライブ自体は楽しかったので良し!
来月のZeppも楽しみです!


あ、そういえば私、ライブ前に北原さんに遭遇しました。
それだけ。

今日のBGM あの男に気をつけろ〜WATCH THAT MAN〜/東京スカパラダイスオーケストラ



城があるところに彼らはやってくる。

スカパラが姫路城でライブですって!
25日にこの話を聞いたのですが、ほぼ地元民な私は嬉しくてたまりません。
城中に響き渡るスカパラの音。
野外フェスくらいの規模なのにワンマン。
フェスとは違って、周りみんながスカパラファンで楽しく伸び伸び踊れるんだと考えるだけでハッピー。


先日、私の好きなチバユウスケ率いるThe Birthdayと言うバンドが姫路に来たので喜び勇んでライブに足を運んできたのですがスカパラまで来てくれるとは!!
スカパラは地元にも来てくれたし、クロマニヨンズも凄い近くに来てくれたし。
有難い限りです。


姫路、何が何でも行きますよ。


今日のBGM MONSTER ROCK/東京スカパラダイスオーケストラ

でっかい声で言ってやる。

おめでとー!!!


今日のBGM HAPPY BIRTHDAY SKA/東京スカパラダイスオーケストラ

calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM